So-net無料ブログ作成



大変申し訳ございませんが、
nice返しがご期待にお応え出来ない場合があります><



過剰なアフィリエイト、物販目的が最優先のniceやコメント、悪意のあると認められるコメント、
ネットショッピングHPへリンクされたコメントなどは独断で削除させていただく場合があります。

また、その件に関して一切の苦情を受け付けません。


『鳥取砂丘イリュージョンⅪ』へ行ってきました [地元周辺のアレコレ]

鳥取砂丘で行われているイルミネーション、『鳥取砂丘イリュージョンⅪ・第一期』へ行ってきました。

外部リンク:2013鳥取砂丘イリュージョンXI 公式サイト(鳥取県鳥取市|山陰最大のイルミネーション)

公式HPのフォトギャラリー(2012)を見ると、鳥取砂丘の『馬の背』を影絵(もしくはプロジェクションマッピング)によるライトアップがなされていました。

もう、馬の背のそれだけが見たくて出かけてきました。


その前に、鳥取砂丘の『馬の背』とは・・・

去年、鳥取砂丘に出かけたときの写真ですが・・・

02.JPG

これは、砂丘入り口付近から撮った写真で、奥の方に小高くなった砂丘の山がありますけれども、これを『馬の背』と言います。

また、馬の背の麓に草が生えていますが、あの辺りにはいつも水が貯まった池があって『オアシス』と言われています。

遠くから見ると、さほど高そうもない砂の山ですが・・・


03.JPG


05.JPG


結構な高さと急斜面なんです。

上の写真、中央辺りで人が四つん這いになって馬の背を登ってますが、丁度そのあたりが一番の急斜面です。

こんな急斜面を見ると、人の考えることは皆同じ、斜面を駆け降りようとチャレンジしていましたが、殆どの人は砂に足を取られて中腹までも駆け降りれなくて、麓まで転がってしまってましたww

勿論、斜面が急だから途中で止まることなんて無理ww

鳥取砂丘に遊びに行かれた時は麓まで完走できるかチャレンジされてみてはいかがでしょうか?


そして、馬の背の頂上はカップルばかり><

04.JPG

ここで一句、『アベックは したい! させない! 許さない!!』

ちょっと自分で書いてて寒くなってしまいました・・・orz


馬の背の海側の斜面は、山側の斜面より更に急なので、流石に海側の斜面を駆け降りてる人は見かけませんでした。(駆け降りて転げ落ちたら、怪我をするかも知れないくらい急です。)



馬の背と砂丘入口の間で一番低い所から入口を見ると・・・

06.JPG

入口から見ると、そんなに低そうにも見えないんですけど、かなり下っていました。


で、いざ、津山を出発。

鳥取砂丘に到着したのは、午後5時過ぎ。


01.JPG

おぉ~^^

なんだか期待できそうです♪


まず、何はともあれ馬の背へ・・・

07.JPG

あれれぇ?

ただ、普通にライトアップしてるだけでした。


すると、こんな会話が聞こえてきました。

A:『あの、すいません。 砂丘のライトアップって影絵じゃないんですか?これだけなんですか?』

B:『僕も今日、始めて来たんですけど詳しいことは判らないんです。 HPの写真は影絵だったんで、これしかない!って思って来てみたんですけどねぇ・・・ そちらは、どちらからいらっしゃったんですか?』

A:『三重からです>< あたしもHPを見て凄かったので来てみたんですけど・・・ これじゃ・・・><』

B:『み、三重? じゃぁ、絶対にHPにあったようなライトアップを見たいですよね;; でも、もしかしたら、まだ少し明るいから、もう少し暗くなったら影絵になるのかも知れないですねぇ』

A:『だといいんですけど・・・』


私も、まだ少し明るいから、もう少し時間が経ってからかな? なんて思ってはいたのですが・・・


では、去年の馬の背はと言うと・・・

16.JPG
引用:2013鳥取砂丘イリュージョンXI 公式サイト


ま、とりあえず、辺りが真っ暗になるのは、1時間もかからないでしょうから、他のイルミネーションの写真を撮ることにして、一先ずこの場は退却ぅ~


鳥取砂丘の入口付近に飾られたイルミネーションの写真を撮ることにしました。

08.JPG


09.JPG


10.JPG


11.JPG


12.JPG


13.JPG


そして、こんな写真も撮ったりしながら・・・


14.JPG


15.JPG


写真を撮ってると、時間の経つのは早いもので、19時も過ぎて、辺りはすっかり暗くなっていました。


そして、もう一度馬の背へ・・・


17.JPG


結局、8時前まで待ってみたのですが、このままでした><;


後日判ったのですが、今年の馬の背は通常のライトアップだけで影絵(もしくはプロジェクションマッピング)は行われないんだそうです。

馬の背のライトアップ、これはこれで綺麗なんですけど、影絵の写真を見ていただけに少し残念だったです><

また来年リベンジで出かけてみたいと思います。


『鳥取砂丘イリュージョン』は現在、12月25日まで第二期を開催中です。
入場料が必要ですが鳥取砂丘のすぐ近く、『砂の美術館』では3Dプロジェクションマッピングも行われます。

会場内には500円均一でカップバーの食事(カルビスープ、坦々麺、丼物など)を楽しむことも出来ます。

大都会のイルミネーションのように規模は大きくありませんが、綺麗なイルミネーションを見て寒さを忘れるのもいいかも知れませんね^^


鳥取砂丘イリュージョンの詳細は公式HPでご確認願います。
外部リンク:2013鳥取砂丘イリュージョンXI 公式サイト(鳥取県鳥取市|山陰最大のイルミネーション)


それでは、今日はこの辺で失礼します。

ヾ(^▽⌒*)ノシ


↓地元のブログランキングに参加しています。
↓ポチっとして頂けたら泣いて喜びます><b
津山ブログランキング


私のブログに訪問された方々のブログ訪問が遅れてて申し訳ございません。
出来る限り訪問しておりますが、訪問出来なかったらゴメンナサイ;;
nice!(89)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。