So-net無料ブログ作成



大変申し訳ございませんが、
nice返しがご期待にお応え出来ない場合があります><



過剰なアフィリエイト、物販目的が最優先のniceやコメント、悪意のあると認められるコメント、
ネットショッピングHPへリンクされたコメントなどは独断で削除させていただく場合があります。

また、その件に関して一切の苦情を受け付けません。


これを逃すと二度目はありません! & 津山へ来んちゃい(`・ω・´)b [津山の歴史]

まず、『来んちゃい』とは・・・

『こんちゃい』とか『くんちゃい』ではなく、『きんちゃい』と読みます。

これは津山弁で『いらっしゃい』って意味になります。



いや、マジで今回を逃すと二度目のチャンスはないと断言しちゃいます。



来る10月27日に『岡山三大祭り』の1つ、津山まつり・徳守神社の秋大祭が開催されます。

今年は、『美作国(みまさかのくに)建国1300年事業』の一環として、徳守神社の氏子町内に現存するだんじり24台全てが出揃います。



まずは、コチラ↓をご覧ください

津山だんじり最強伝説 - YouTube

(紫色のペナントを掲げただんじりは『岡山県指定重要文化財だんじり』です)


津山まつり 2009(10/25) Tsuyama matsuri - YouTube




徳守神社のお神輿は日本三大神輿の1つと言われていて、総勢約150人の輿丁(よてい)によって担がれています。

津山まつり 徳守神社秋祭り (2012)


(朝、徳守神社から出発したお神輿は氏子町内を御巡幸し、日もどっぷりと暮れた夜8時ころまで神社へ帰還しません。)



徳守神社の秋大祭は、江戸時代にお祭りを派手にさせないため、だんじりの出動数が制限され今もそのしきたりが守られています。

そして、だんじりが数多く出る表年、数の少ない裏年があり、表年でさえ10台程度しか出動しません。


それが、24台出揃うわけですから、一体どうなっちゃうんでしょうか?

だんじり巡行の時とか、だんじり同士で渋滞しちゃわないのでしょうか?


津山の秋祭りは、大人はお神輿でお祭りに参加しますが、氏子町内会の子供達はだんじりに乗ってお祭りを楽しみ、大人も子供も秋祭りを満喫します。


津山市も、他の地方同様に少子高齢化が進んでいます。

そのため、今後どんなに大きなイベントがあったとしても、24台全てのだんじりが出揃うことは二度とないでしょう。

このチャンスに一度津山へ来てみんちゃい!(`・ω・´)v


26日には、宵宮があって明るく照らされただんじりも綺麗ですので一泊覚悟で来んちゃいよ~(≧∇≦)


私は写真を撮るのが忙しくて御案内役は出来そうもありませんm(_ _)m




過去の徳守神社秋大祭の記事はコチラ↓

過去記事:徳守神社の秋祭り (その1):徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ
過去記事:徳守神社の秋祭り (その2):徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ
過去記事:徳守神社・秋大祭 (宵宮編):徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ


それでは、今日はこの辺で・・・ 

ヾ(^▽⌒*)ノシ


↓地元のブログランキングに参加しています。
↓ポチっとして頂けたら泣いて喜びます><b
津山ブログランキング


私のブログに訪問された方々のブログ訪問が遅れてて申し訳ございません。
出来る限り訪問しておりますが、訪問出来なかったらゴメンナサイ;;
nice!(115)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。