So-net無料ブログ作成
検索選択



大変申し訳ございませんが、
nice返しがご期待にお応え出来ない場合があります><



過剰なアフィリエイト、物販目的が最優先のniceやコメント、悪意のあると認められるコメント、
ネットショッピングHPへリンクされたコメントなどは独断で削除させていただく場合があります。

また、その件に関して一切の苦情を受け付けません。


白兎神社の麒麟獅子舞 [地元周辺のアレコレ]

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、9月ころから仕事がメッチャ忙しくなって、残業やら休日出勤の嵐でブログもまともに更新できませんでした><;

今年もこの忙しさが続くようだと、今度のブログ更新が何時になるやら・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


新年早々ネガティブな話で申し訳ございません><



では、気を取り直して・・・


昨年の大晦日、友達から電話がありまして『鳥取の白兎神社に面白い顔をした獅子舞があるんだけど一緒に行かない?』って電話がありました。

今年の初詣はどこに行くかも決めていなかったので、即答でOK。

1月1日、朝5時起きで白兎神社へ向かいました。


(写真は画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)


01.JPG

因幡の白兎で有名な白兎神社へ到着!


まず、拝殿へお参りして、去年から始めた御朱印を頂き、獅子舞の始まるのを待ちました。


獅子舞が始まるのは午前8時半頃からだとか・・・


保存会の方たちが獅子舞の準備を始められました。

02.JPG

一般的に見られる獅子舞の獅子頭とは顔立ちを異にしています。

この獅子のことを麒麟獅子と言うんだそうです。

外部リンク:麒麟獅子 - Wikipedia

Wikipediaによると、顔が面長で金色、角が一本生え、耳が逆立っているのが特徴のようで鳥取東部(旧因幡国)と兵庫県の一部にこの麒麟獅子が存在するんだそうです。


舞が始まりました。

舞の始めには、道化役の猩猩(しょうじょう)が登場して、獅子をからかい?ます。

03.JPG

外部リンク:猩猩 - Wikipedia

麒麟獅子の舞は、とてもゆっくりとした動きで、一般的な獅子舞のように元気よく動くことはありませんでした。

でも、そのゆっくりとした舞の動きが厳かで、神秘的なものを感じずには居られませんでした。


04.JPG

獅子の尻尾側の人のお顔が見えますが、その方の顔の大きさから麒麟獅子の顔の大きさが判るかと思います。

獅子舞が終わった後、保存会の方に『獅子頭を持った人の足を尻尾側の人が踏んでいるのは何故ですか?』って質問していたのを横でチラ聞きしたんですが、獅子頭が大変重いのでバランスを崩して倒れるのを防ぐためだとのことでした。

この白兎神社の獅子舞は1月と4月に見ることが出来るようです。

また、4月に行われる獅子舞は1日かけて氏子の各戸で舞が奉納されるんだそうです。


最後に白兎神社で頂いた御朱印(初穂料300円)

05.JPG


それでは、今日はこの辺で失礼します。

ヾ(^▽⌒*)ノシ


↓地元のブログランキングに参加しています。
↓ポチっとして頂けたら泣いて喜びます><b
津山ブログランキング


私のブログに訪問された方々のブログ訪問が遅れてて申し訳ございません。
出来る限り訪問しておりますが、訪問出来なかったらゴメンナサイ;;
nice!(88)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。