So-net無料ブログ作成
検索選択



大変申し訳ございませんが、
nice返しがご期待にお応え出来ない場合があります><



過剰なアフィリエイト、物販目的が最優先のniceやコメント、悪意のあると認められるコメント、
ネットショッピングHPへリンクされたコメントなどは独断で削除させていただく場合があります。

また、その件に関して一切の苦情を受け付けません。


Surprise Christmas Presents [その他]

カナダの航空会社WestJetが搭乗者にサプライズ企画を行った様子です。




冬になって雪が降るようになると、チャイコフスキーのバレエ組曲くるみ割り人形の『金平糖の踊り』って、妙にマッチすると思われません?^^

詳細はコチラ↓
外部リンク:カナダの航空会社が行った粋なクリスマスプレゼントに乗客歓喜! 動画は再生回数1000万回超えの大ヒット中 | ロケットニュース24

とても夢のある企画ですね~^^♪
私にも何がサプライズなプレゼントは届くでしょうか?



北極圏を出発したサンタさんの様子をサンタ追跡サイトで確認することが出来ます。

外部リンク:Official NORAD Santa Tracker
*日本時間で12月24日16時から追跡が始まります。

Norad Tracks Santa Trailer Video 2013 PV



外部リンク:Google サンタを追いかけよう


外部リンク:「サンタクロースの追跡」Googleとマイクロソフトが競う



それでは、今日はこの辺で失礼します。

ヾ(^▽⌒*)ノシ


↓地元のブログランキングに参加しています。
↓ポチっとして頂けたら泣いて喜びます><b
津山ブログランキング


私のブログに訪問された方々のブログ訪問が遅れてて申し訳ございません。
出来る限り訪問しておりますが、訪問出来なかったらゴメンナサイ;;
nice!(96)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

津山市周辺のイルミネーション [地元周辺のアレコレ]

時間が割けなくてイルミネーションを見に行くことができなかったんですけど、まだ行けていない所もありますが先日ざっと津山市周辺のイルミネーションを見に行ってきました。

殆どのイルミネーションはクリスマス(12月25日)までなので、まだ見に行かれていない方は急がれた方がいいかも知れません。

ってか、記事のUPが遅くなって申し訳ありません;;



*******
お願いとお断り
*******

クリスマスイルミネーションを行ってくださっている場所は住宅地や駐車場のない場所などもありますので、見学の際は静かに、ご近所迷惑にならないようマナーを守って見学なさるようお願いします。


車の中からの見学の際は、エンジンを停めライトを消して他の方の迷惑にならないように見学願います。
また、車を徐行させながら(脇見運転)での見学は危険ですので絶対に行わないようお願い申し上げます。

この記事以外にもクリスマスイルミネーションを行っている場所もありますが、私一人では網羅致しかねますので、参考程度にお考えいただければ幸いです。




吉井邸(津山市沼)のイルミネーション

01.JPG

この吉井邸のイルミネーションは風力発電によって電力を賄っているそうです。
2013と電飾された右上に見えるプロペラで風力発電を行っています。
吉井邸のオジサンのお話では、発電装置そのものは簡単な作りなんだけど、風の強い日にブレーカーが飛ばないようにプロペラの角度が風力で変化するようにするのに試行錯誤したそうです。
何でも、プロペラの角度を変えなかったら風の強い日だと50Aのブレーカーでも飛んでしまったんだそうです。


02.JPG

この吉井邸のイルミネーションは、オジサンが曾孫さんを喜ばせようと始めたのがきっかけで現在に至っています。
昨年はオジサンが体調不良のため入院されていたんですが、元気に退院され今年復活しました^^

写真右上に丸く流れて見えているのは六角形の観覧車になっています。


03.JPG

吉井邸のイルミネーションはオープンガーデンとなっていて、お庭に入って近くからイルミネーションを観賞することができます。


04.JPG

風力発電の看板がありますね^^


外部リンク:2013年 吉井家のイルミネーション - 津山瓦版



石井邸(津山市沼)のイルミネーション

吉井邸より更に柳通りを北上していくと、通りが西にカーブしています。
そのカーブの東側、沼自動車学校の南に石井邸はあります。

05.JPG


06.JPG


石井邸のイルミネーションは、お孫さんとお爺さんで飾り付けをされていてアットホームな仕上がりになっています^^

石井邸を訪れた当日は、車がバンバン通って思うように写真が撮れませんでしたorz
例年ですと、お正月頃までイルミネーションをなさっているので、出来たらもう一度行ってみたいです><


外部リンク:2013年 沼の仲良し町内会イルミネーション - 津山瓦版



畑邸・カナエガーデン(津山市平福)のイルミネーション

畑邸のイルミネーションは、国道53号線の津山市皿交差点から津山バイパスに入り北上しているとサークルKがあり、サークルK北の路地を西に2~30m入ったところにあります。
(津山バイパスからでは確認しづらいので、サークルKを目標にするのがいいと思います)


08.JPG

カナエガーデンは畑邸の奥さまのお名前が『カナエ』さんと言うことに由来しているそうです。


07.JPG

カナエガーデンもオープンガーデンになっていて、お庭の中からイルミネーションを観賞することができます。


09.JPG


10.JPG


11.JPG


右側の通路を入って行くと、もう一つお庭があります。


12.JPG

↑そのお庭には、小さな東屋がありました^^


外部リンク:2013年 畑家のイルミネーション - 津山瓦版



美作大学(津山市北園町)のイルミネーション


美作大学の正門を入り、本館入口付近にイルミネーションが飾られています。

13.JPG


14.JPG


15.JPG

写真左側に四角くステンドグラスのようにイルミネーションが飾られていて、そこはトンネルになっていました。

そのトンネルに入ると・・・


16.JPG

ブラックライトで照明されていて、このトンネルだけは異空間のように幻想的でした^^


外部リンク:2013年 美作大学のイルミネーション - 津山瓦版



津山と周辺には、まだまだイルミネーションがあります。


参考までにリンクを貼っておきます。

外部リンク:2013 勝部のイルミネーション - 津山瓦版
外部リンク:2013年 久米地域のイルミネーション - 津山瓦版
外部リンク:美作のホテル・宿泊・観光なら作東バレンタインホテル オフィシャルサイト
外部リンク:日本最大級のフラワーパーク とっとり花回廊

*とっとり花回廊では、打ち上げ花火も打ち上げられる日があります。


過去記事

過去記事:『鳥取砂丘イリュージョンⅪ』へ行ってきました:徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ
過去記事:津山市と周辺のクリスマスイルミネーション情報 Pert2 + 貝阿弥邸・レスパール藤ヶ鳴イベントの詳細:徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ
過去記事:津山市と周辺のクリスマスイルミネーション情報:徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ
過去記事:クリスマスイルミネーション 2011 (その1):徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ

***注意***
過去記事にある美咲町・貝阿弥邸では今年のイルミネーションは実施されていません。


それでは、今日はこの辺で失礼します。

ヾ(^▽⌒*)ノシ


↓地元のブログランキングに参加しています。
↓ポチっとして頂けたら泣いて喜びます><b
津山ブログランキング


私のブログに訪問された方々のブログ訪問が遅れてて申し訳ございません。
出来る限り訪問しておりますが、訪問出来なかったらゴメンナサイ;;


nice!(44)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『鳥取砂丘イリュージョンⅪ』へ行ってきました [地元周辺のアレコレ]

鳥取砂丘で行われているイルミネーション、『鳥取砂丘イリュージョンⅪ・第一期』へ行ってきました。

外部リンク:2013鳥取砂丘イリュージョンXI 公式サイト(鳥取県鳥取市|山陰最大のイルミネーション)

公式HPのフォトギャラリー(2012)を見ると、鳥取砂丘の『馬の背』を影絵(もしくはプロジェクションマッピング)によるライトアップがなされていました。

もう、馬の背のそれだけが見たくて出かけてきました。


その前に、鳥取砂丘の『馬の背』とは・・・

去年、鳥取砂丘に出かけたときの写真ですが・・・

02.JPG

これは、砂丘入り口付近から撮った写真で、奥の方に小高くなった砂丘の山がありますけれども、これを『馬の背』と言います。

また、馬の背の麓に草が生えていますが、あの辺りにはいつも水が貯まった池があって『オアシス』と言われています。

遠くから見ると、さほど高そうもない砂の山ですが・・・


03.JPG


05.JPG


結構な高さと急斜面なんです。

上の写真、中央辺りで人が四つん這いになって馬の背を登ってますが、丁度そのあたりが一番の急斜面です。

こんな急斜面を見ると、人の考えることは皆同じ、斜面を駆け降りようとチャレンジしていましたが、殆どの人は砂に足を取られて中腹までも駆け降りれなくて、麓まで転がってしまってましたww

勿論、斜面が急だから途中で止まることなんて無理ww

鳥取砂丘に遊びに行かれた時は麓まで完走できるかチャレンジされてみてはいかがでしょうか?


そして、馬の背の頂上はカップルばかり><

04.JPG

ここで一句、『アベックは したい! させない! 許さない!!』

ちょっと自分で書いてて寒くなってしまいました・・・orz


馬の背の海側の斜面は、山側の斜面より更に急なので、流石に海側の斜面を駆け降りてる人は見かけませんでした。(駆け降りて転げ落ちたら、怪我をするかも知れないくらい急です。)



馬の背と砂丘入口の間で一番低い所から入口を見ると・・・

06.JPG

入口から見ると、そんなに低そうにも見えないんですけど、かなり下っていました。


で、いざ、津山を出発。

鳥取砂丘に到着したのは、午後5時過ぎ。


01.JPG

おぉ~^^

なんだか期待できそうです♪


まず、何はともあれ馬の背へ・・・

07.JPG

あれれぇ?

ただ、普通にライトアップしてるだけでした。


すると、こんな会話が聞こえてきました。

A:『あの、すいません。 砂丘のライトアップって影絵じゃないんですか?これだけなんですか?』

B:『僕も今日、始めて来たんですけど詳しいことは判らないんです。 HPの写真は影絵だったんで、これしかない!って思って来てみたんですけどねぇ・・・ そちらは、どちらからいらっしゃったんですか?』

A:『三重からです>< あたしもHPを見て凄かったので来てみたんですけど・・・ これじゃ・・・><』

B:『み、三重? じゃぁ、絶対にHPにあったようなライトアップを見たいですよね;; でも、もしかしたら、まだ少し明るいから、もう少し暗くなったら影絵になるのかも知れないですねぇ』

A:『だといいんですけど・・・』


私も、まだ少し明るいから、もう少し時間が経ってからかな? なんて思ってはいたのですが・・・


では、去年の馬の背はと言うと・・・

16.JPG
引用:2013鳥取砂丘イリュージョンXI 公式サイト


ま、とりあえず、辺りが真っ暗になるのは、1時間もかからないでしょうから、他のイルミネーションの写真を撮ることにして、一先ずこの場は退却ぅ~


鳥取砂丘の入口付近に飾られたイルミネーションの写真を撮ることにしました。

08.JPG


09.JPG


10.JPG


11.JPG


12.JPG


13.JPG


そして、こんな写真も撮ったりしながら・・・


14.JPG


15.JPG


写真を撮ってると、時間の経つのは早いもので、19時も過ぎて、辺りはすっかり暗くなっていました。


そして、もう一度馬の背へ・・・


17.JPG


結局、8時前まで待ってみたのですが、このままでした><;


後日判ったのですが、今年の馬の背は通常のライトアップだけで影絵(もしくはプロジェクションマッピング)は行われないんだそうです。

馬の背のライトアップ、これはこれで綺麗なんですけど、影絵の写真を見ていただけに少し残念だったです><

また来年リベンジで出かけてみたいと思います。


『鳥取砂丘イリュージョン』は現在、12月25日まで第二期を開催中です。
入場料が必要ですが鳥取砂丘のすぐ近く、『砂の美術館』では3Dプロジェクションマッピングも行われます。

会場内には500円均一でカップバーの食事(カルビスープ、坦々麺、丼物など)を楽しむことも出来ます。

大都会のイルミネーションのように規模は大きくありませんが、綺麗なイルミネーションを見て寒さを忘れるのもいいかも知れませんね^^


鳥取砂丘イリュージョンの詳細は公式HPでご確認願います。
外部リンク:2013鳥取砂丘イリュージョンXI 公式サイト(鳥取県鳥取市|山陰最大のイルミネーション)


それでは、今日はこの辺で失礼します。

ヾ(^▽⌒*)ノシ


↓地元のブログランキングに参加しています。
↓ポチっとして頂けたら泣いて喜びます><b
津山ブログランキング


私のブログに訪問された方々のブログ訪問が遅れてて申し訳ございません。
出来る限り訪問しておりますが、訪問出来なかったらゴメンナサイ;;
nice!(89)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

龍心音ライブ@イオンモール津山に行ってきました [ミュージック]

過去記事のコメントに、こんなコメントがあったんです^^


最近、龍心音さんという、女性ヴァイオリンユニットのLIVEにいってきました。といっても、ショッピングモールでやっていたもので、たまたま通りかかったのですけど、思わず足を止めて聴き入ってしまったのです。
youtubeでもupされているのですが、12月にイオンモール津山でもLIVEがあるとのことなのです。
お忙しいかな~と思いつつ、もし時間があれば聴きに行ってみませんか?
はたして、yayu-changさんはどのように聴くかな~って意見を聞いてみたくて。
舌もだけど、耳も肥えてそうなのでw
お話しが聞けると嬉しいです♫
by yu☆ (2013-11-04 19:27)


えぇ~^^;
舌も耳も肥えてなんていませんがぁ><;
でも、龍心音ってユニット名は初耳!
しかもYoutubeにもupされているのなら、ちょっと聴いてみましょうか^^
って、早速検索・・・




ローマ字では『りゅうしのん』とも読めそうですが、『りゅうしんおん』が正解です。


外部リンク:龍心音オフィシャルブログ - Ameba

超元気が出そうな曲じゃないですか!

早速、龍心音のオフィシャルブログで出演日を確認しました。


オフィシャルブログによると

♪12月15日(日)[岡山]
イオンモール津山
◇龍心音◇
Special Event
「龍心音プレミアムスペシャルショー」
◇クリスマスバージョンステージ◇
◇出演時間◇
開催時間:
1st/13:00~
2nd/15:00~
開催場所:1Fライトオン前特設会場
※豪華キャスティングのステージ! ピアニスト・パーカッショ二ストを入れ「龍心音プレミアムシリーズ」の人気のシリーズをお贈り致します。また、オリジナル曲の伝説のストーリーを秘め全身全霊を込め響かせる! 臨場感溢れる迫力のステージ!もお届け致します!


私ってば物忘れが激しいので、カレンダーに予定を書き込み、それでも忘れちゃダメなので、携帯のスケジュールでアラームもセットし、ようやく今日、待ちに待った龍心音のライブを見に行ったのでした。


ライブが始まり、龍心音のお二人を見て、まずビックリ!

お二人ともYoutubeの動画にある写真の何百倍もお綺麗な方々でした。
って言うか、綺麗って言うより超美人っ!


ライブが始まり、まず一曲目(曲名忘れた><)から、メチャテンションの高い曲で、一瞬にして心を奪われてしまいました><;

お友達と二人で出かけていたんですけども、その友達に『私、最近涙腺弱くてさ、このままだと涙出ちゃうかも><』って言ったくらい凄かったです!

3曲目に、YoutubeにUPされていた『奇跡の...Language』が演奏されました。

Youtubeでは曲の一部しかありませんでしたが、フルで聴くともう鳥肌ものでした!


お二人のお話の中で、『龍心音』とは、『衣装やアクセサリーを含めて目で見て楽しんでもらい、音楽を通じて言葉を語る』って、おっしゃってたのですが、当にその通り。

かんざしなんてチェーンでピアスと繋がっているお二人のオリジナルアクセがメッチャ可愛い!

そして、あのか細い手から、どうしてあんなに迫力のある音が出せるのでしょうか?

音楽を通じて、言葉どころか『生きる勇気』?みたくなものを頂いたような気がしました。


演奏された楽曲は全部で6曲、前半はお二人のオリジナル曲、後半はピアニストとパーカッションユニットを加えて3曲『戦場のメリークリスマス』、『情熱大陸』などが演奏されました。


ライブの後にはサイン会とCD販売があって、お二方にサインしていただき、『奇跡の...Language』の入ったセカンドアルバムを購入させていただきました。

(今もCDを聴きながらこの記事を書いてますが^^;)


01.JPG

私の名前の部分は消させていただきました^^;
(yayu-changと書いて貰えばよかったかなw)

サインしていただくと、オマケでポップキャンディをくださいました♪


4作目のアルバムが来年2月頃販売になるとのことで、そちらも先行予約させていただきました^^


02.JPG


yu☆さん、いい情報をくださいまして心から感謝申し上げますm(_ _)m

龍心音さんの曲、今度はイオンモールなんてザワザワした会場じゃなくて、有料で構わないので是非ともちゃんとした会場でも聴いてみたいです。

こんな楽曲を無料で聴けるなんて勿体なさ過ぎます><;


ところで、もうお亡くなりになっているのですが、私の知り合いに某有名音楽大学の男性教授でバイオリニストがいらしたんですけど、ジャンルこそ異なりますが、その教授の演奏を聴いて以来の感動だったかも知れません。


そして、また津山に龍心音さんがいらっしゃるようでしたら、お二人にお会いしに出かけたいと思います。

最後になりましたが、この龍心音さんが超メジャーになられますよう心からお祈り申し上げます。


今回購入していないファーストアルバムとサードアルバムも順次購入させていただきますね~^^


外部リンク: k music japan online shop




ところで、ここで別件。

鶴山公園の『多食い祭り』の記事を書いた際、同じyu☆さんだと思うのですが、こんなコメントが・・・

過去記事:多食い(おおぐい)祭り in 津山 (津山城跡・鶴山公園・三の丸編):徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ

おじゃまします♪でぇれぇ。懐かしい(笑)県南育ちですが、確かうちの母いいますよ?倉敷天領祭りというのが私が住んでた時にあったのですが、その盆踊りの歌の歌詞に「ほんまじゃほんまじゃでぇれぇこっちゃでぇれぇこっちゃこりゃぼっけぇ」とあるのできっというのではないかと思います。岡山だと、どの程度の範囲で言葉が違うんでしょうね。はよせられぇは、そちらでも使いますか?これは、岡山市側の言葉だと親に教えて貰った事があり、確かに倉敷は使ってませんでした。はよしねー でした(笑)
by ゆー。 (2013-06-05 01:32)


『でぇれぇ』は津山弁だと思っていたのですが、県南でも使われるんですね^^

『はよせられぇ』(『早くしなさい』の意)は、旧建部町の方が使われていたのを聞いたことがあるので一般的に『はよせられぇ』を使うのは、そのあたりが北限ではないでしょうか?
でも、津山でも通じますよ^^
確か、『はよしられぇ』とも言いますよねw


ちなみに、『はよしねー』(『早くしなさい』の意)を始めて聞いたときは『し、死ね?;;』って思ってしまいました。

この言葉を津山で使うと、きっと『死ね?』って思う人も多いと思います。

津山では、一般的には『はよ(ー)しんちゃい』とか『はよ(ー)しんちぇー』ではないかと思います。
男性が使う場合なら『はよ(ー)せー』かな?
(ー)は、時と場合により入れる人と入れない人が居ます。


ご質問に対する回答が大変遅くなりまして、誠に申し訳ございませんでした><;

コメントには全て目を通したいので承認制の形を取らせていただいております。

回答が遅れる場合もありますが、また何かありましたら、これに懲りずコメントを頂ければ幸いです^^;



それでは、今日はこの辺で失礼します。

ヾ(^▽⌒*)ノシ


↓地元のブログランキングに参加しています。
↓ポチっとして頂けたら泣いて喜びます><b
津山ブログランキング


私のブログに訪問された方々のブログ訪問が遅れてて申し訳ございません。
出来る限り訪問しておりますが、訪問出来なかったらゴメンナサイ;;
nice!(82)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱ泣いてしまいました。・゚・(ノД‘)・゚・。 [映画]

久しぶりのブログ更新となります。

今年の年末は例年の何倍も仕事が忙しくって、ブログの更新が思うように出来ておりません><

休日にはアチコチ出かけているのですが、写真を編集する時間さえありませんorz


と言うことで・・・


12月6日、待ちに待ったDVDが届きました♪

そう、1983年に公開されDVD化が望まれていた名作邦画『ふるさと』の初DVD。


01.JPG


**ネタばれになるので、あらすじは記事末に載せます**


今日も、これから出かけなくてはならないので、ざっと流して終りにしますm(_ _)m



『これ、夕食を食べながら観るとヤバいかな・・・』なんて思ったんですけれど・・・

もう、このDVDを観ること最優先で、夕食は鍋に・・・^^;

鍋なら野菜をザクザク切って、鶏肉、豆腐他を大皿に盛るだけなので普通に夕食を準備するよりも何倍も早くできちゃうし^^;


鍋の準備も完了して、家族も揃ったところでDVDを観ながら夕食を始めました。


映画の前半部は全く記憶に残ってなかったのですが、主演の加藤嘉さんの痴呆のかかった老人役の上手さに既に涙が・・・><;;


結局、最後まで家族全員泣きっぱなしでした><;


心に残る映画に間違いありませんので、機会があれば是非とも一度ご覧になってみてください。



*****あらすじ(wikipediaより)*****

妻を亡くし、老人性痴呆症のすすんだ老人伝三(加藤嘉)は、息子の伝六(長門裕之)の嫁、花(樫山文枝)のことすら忘れてしまった。伝六も花も、昼間ダム工事の仕事に出かけるため、伝六は伝三を離れに隔離する。

夏、伝三は隣家の少年千太郎(浅井晋)に会い、アマゴ釣りの伝授を頼まれる。アマゴ釣りの名人だった伝三は、釣りを通じ千太郎と親交を深めるうちに痴呆の症状がよくなる。夏休みの終わり、長雨が続き釣りに行けなくなった伝三は、再び痴呆の症状が狂気なほどひどくなり、伝六は伝三を離れに閉じ込め鍵をかけた。そんな時、千太郎は、伝三に秘境の長者ヶ淵にあまご釣りに連れて行ってくれるようせがむ。

長時間歩き、ようやくたどりついた二人は長者ヶ淵の美しさに目をうばわれる。千太郎は、伝三に教えられた通りに竿を降ろすと大ものがかかった。千太郎は伝三に助けを求めるが、伝三は胸をおさえてうずくまっていた。あわてる千太郎に、伝三は落ち着くように声をかけ、千太郎に村に助けを呼びに行かせる。伝三は岩場に倒れながら、昔の美しい出来事を回想していた。

場面が変わり、小雪舞う中、村境の峠に湖底に沈む村を離れる伝六や千太郎の姿があり、花の胸には伝三の遺骨が抱かれていた。


外部リンク:幻の映画復刻レーベル DIG
外部リンク:ふるさと (1983年の映画) - Wikipedia

過去記事:教えてエライ人>< (邦画 『ふるさと』):徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ
過去記事:ついに不朽の名作『ふるさと』がDVD化されます(≧∇≦):徒然なるままに、その日暮らし:So-netブログ


それでは、今日はこの辺で失礼します。

ヾ(^▽⌒*)ノシ


↓地元のブログランキングに参加しています。
↓ポチっとして頂けたら泣いて喜びます><b
津山ブログランキング


私のブログに訪問された方々のブログ訪問が遅れてて申し訳ございません。
出来る限り訪問しておりますが、訪問出来なかったらゴメンナサイ;;
nice!(58)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。